一括比較|証券口座を探すなら『株NAVI』
初心者の方でも安心!証券口座を探すなら『株NAVI』
おすすめ特集

証券会社を一括比較

サービス名
  • 昇順ソート
  • 降順ソート
NISA口座
  • 昇順ソート
  • 降順ソート
IPO
  • 昇順ソート
  • 降順ソート
取扱商品
  • 昇順ソート
  • 降順ソート
手数料
10万円
  • 昇順ソート
  • 降順ソート
手数料
30万円
  • 昇順ソート
  • 降順ソート
手数料
50万円
  • 昇順ソート
  • 降順ソート
手数料
100万円
  • 昇順ソート
  • 降順ソート

PayPay証券※② 【国外上場有価証券】「基準価格」に0.5%を乗じた価格:日本時間 23:30 ~ 6:00 (夏時間:22:30 ~ 5:00)その他時間帯は「基準価格」に0.7%を乗じた価格とします。【国内上場有価証券】東京証券取引所の立会時間内:「基準価格」に0.5%を乗じた価格。※午前立会(前場)は午前9時から午前11時30分まで、午後立会(後場)は午後0時30分から午後3時。その他時間帯は「基準価格」に1.0%を乗じた価格とします。

証券口座作成のつのポイント
  • Point.1
    ネット証券の口座開設は基本的に無料です。また維持費も無料となっているところが多く、開設自体にデメリットがありません。
    開設後に電話営業や勧誘などもないので、迷ってしまった時や気になる証券会社がある時などは「とりあえず開設」を癖付けることが大切です。
    特に「SBI証券」は国内株式(売・買)、海外ETF(買)であればNISA口座での取引手数料が無料なのでオススメです。IPO実績や投資信託取扱数も豊富でアクティブなトレーダーであれば必ず口座開設しておきたい口座です。
  • Point.2
    ネット証券を手数料から選ぶにしても口座は複数持つことをおすすめします。金額に応じて手数料の安い口座を選べるといったメリットもありますが、膨大な商品数をカバーできる、それぞれの証券会社から有益な情報を得られるといった様々な恩恵を受けることができます。
    1社に絞ってしまうと欲しい商品が買えないケースやそもそも取り扱っていないといったケースも出てくるためデメリットのほうが目立ちます。オンラインセミナーやアドバイスツール、分析ツールなど口座を持っているだけで受けられるサービスも多いので、開設はできるだけ幅広く行うようにしましょう。
  • Point.3
    手数料をどれだけ抑えられるかで損益は大きく変わります。取引金額や取引回数が増えるほど手数料負担も増えるので、取引を行う前に手数料の確認は必ず行うようにしましょう。ネット証券は店舗型や銀行と比べて手数料が格段に安く、また情報や取引ツールも豊富。特に以下の証券会社は10万円までの売買手数料が無料となっており、手数料を抑えたい方には下記証券会社がおすすめです。

    DMM証券」「SBI証券」「楽天証券

    DMM証券であれば今なら口座開設後1ヶ月は取引手数料が無料です!

目的別証券口座特集

最新版!おすすめ証券会社
ネット証券ランキング
初心者におすすめ
NISAに対応
投資信託の種類が豊富
優良 ロボアドバイザー5選
米国株におすすめな証券会社
暗号資産(仮想通貨) 初心者におすすめ
ポイント投資特集
手数料で選ぶ
ネオモバ特集
IPOは勝率90% おすすめの理由とは
IPOに 強い証券会社
プライバシーロゴ
株式会社Unionは、お客様の個人情報保護のため、プライバシーマークを取得しております。
個人情報を適正に取り扱うことができる企業のみに認定される制度です。