国株(米国株)は初心者もできる? 投資の魅力を知る【株NAVI】

知っててお得!株NAVI厳選コラム集!基本的な知識や使い方はここでチェック!

外国株(米国株)は初心者もできる? 投資の魅力を知る

最近なんとなく外国株(とくに米国)に興味を持ち始めました。理由はiPhoneやAmazonのお世話になっているから、ただそれだけです(笑)

本サイトのベテラン担当者は外国株の経験も豊富ですが、私自身は外国株に関してまったくの未経験者。せっかく興味を持ち始めたので勉強がてら外国株(米国)をテーマにしたセミナーに参加してみることにしました。記事の掲載許可を得たのでセミナーの内容をレポートします!

結論から先に言えば、「日本株すらよく分からない自分が外国株なんて…」と思っていた私が、外国株への参入を決意するような内容のセミナーでした。

「魅力満載!今から始めたい米国株投資」
マネックス証券主催セミナー(2019年7月4日)

「魅力満載!今から始めたい米国株投資」

マネックス証券のオフィスがある赤坂のアーク森ビル25階に足を踏み入れると上質な空間とR2D2がお迎えしてくれました。何でR2D2なんだろうと思いましたが、どうやらタイアップしている模様。スターウォーズ好きの私としては心が躍ります。ほんのりとマネックス証券への好感度があがりました。

マネックス証券のオフィスがある赤坂のアーク森ビル25階
会場は既に満員。スターバックスのコーヒーとパンを頂けるサービスがあり、仕事終わりの疲れた体でセミナーに行った私を癒してくれました。マネックス証券への好感度が更に上がりました。

セミナーは以下の内容で行われました。
1. 米国株投資、高まる人気
2. 米国株、成長の理由とは?
3. 米国株投資は初心者向き?
4. 狙うべきはIPO銘柄!?
5. 米国株投資ならマネックス証券

1.米国株投資、高まる人気

米国株の現状について

最初に米国株投資の現状について情報を頂きました。米国株を扱う投資家は直近6年で約5倍まで増えているそうです。自分と同じくApple、Amazon、Googleみたいな身近な企業に投資する人が多いんだろうなぁなんて思いました。

米国株投資家の満足度は驚きの97%。しかも、このうち80%の人が他の人にも米国株を勧めたいと答えたそう。投資のようなリスクを伴うことを他の人に勧めるというのは中々出来ることではありません。(少なくても私のような心が純白のような者には)

つまり、米国株にはリスクが気にならないくらい大きな魅力があることが伺えます。
「でも一体米国株の何がそんなにも魅力なんだろう?」と疑問に思った次の瞬間これ以上ないくらい納得できる理由が説明されました。

2.米国株、成長の理由とは?

米国株が人気の理由

米国株が人気の理由が一目でわかります。
ここ25年間日本が停滞している間に米国の株価は7倍まで上がっています

しかも、今後まだまだ上がりそうな雰囲気。「乗るしかない、このビッグウェーブに」と思わずにいられません。

なぜこんなにも米国株が強くなったのかについてマネックス証券は以下のように分析していました。

(1)人口増加にともない国力が強くなっている
上昇率はわずかながらに年々増加中

(2)株主資本主義思想の浸透(株主の利益追求を最優先とする考え方)
米国の企業は利益管理が厳しく、高ROE経営のためにM&Aやリストラ・レイオフも活発に行われている風土が影響している

(3)エコシステム
人材、教育、マネーの間で大きなシナジーが作用するような環境がある

米国株に魅力があり、それを裏付けする理由も分かりました。でも現実問題として日本の株ですらよく分からないのに外国株を始めるのは不安がある、という声が大きいのではないでしょうか?(主に私の声)

初心者が気軽に踏み入れて良い領域ではない気がしてしまいます。そう思った次の瞬間、スライドに表示された文字を見て「えっ?」と思いました。

3.米国株投資は初心者向き?

米国株が人気の理由

(画像出展:マネックス証券)

米国株投資は初心者向き?
上記のフレーズを見て思わず首を傾げてしまいました。「だって、外国株なんて絶対に難しいじゃん」と私の本能が囁いています。それが初心者向きなのはオカシイ……と考えていたら納得できる話が出てきました。

(1)米国株は1株から購入できる! 条件を絞ってミニ株・ワン株などを採用している証券会社も増えてきてはいますが、多くの場合で日本株は単元(100株1単元などのセット売り)からしか買えません。ところが米国株はすべての銘柄で1株から購入できます。そのため投資資金が少なくても、あるいは大きなリスクを背負わなくても投資が出来るそう。たとえば、世界をリードしているマイクロソフト・アマゾン・アップル・アリババすべての株を持とうとした場合、最低27万円あれば投資が出来まとのこと。

(2)配当利回りが高い
日経平均2.14%に対しダウ平均は2.37%です。さらに、米国株ではトップクラスの企業でも高い配当利回りがあるそうです。

(3)配当は年4回ある
日本株は年2回で配当時期も大よそ決まっているのに対し、米国株は年4回配当があり配当時期も企業によって異なるそうです。つまり米国株の銘柄を上手く組み合わせて3つ持てば毎月配当金を得られる状況が作れます。この話が一番心がトキメキました(笑)

4.狙うべきはIPO銘柄?

いま日本で(密かな?)ブームになりつつあるIPO投資。上場前に株を買って、初値で売るという単純な作業で90%(2018年実績)の確率で儲かるために人気があります。

参考記事:「IPOとは?」
https://sec-comparison.net/column/ipo.php

  米国でもIPOが人気です。残念なことに証券会社関係なく米国IPOは上場前に株を買うことは出来ませんが、マネックス証券であれば上場直後に株を買うことは出来るそうです。米国株は長期保有でも株価の上昇が見込めて利益が狙えるために、いわゆるセカンダリー投資が面白いかもしれないとのことでした。さきほどの25年間での米国株価の上昇具合を見ると、それも納得できる話だと思いました。

5.米国株投資ならマネックス証券

主要ネット証券 米国株手数料比較

「最後に弊社の紹介をさせてください」とセミナーもいよいよ最終章。最後で自社のセールスをしてくるのは当然だよねと思って聞き流そうとしていたのですが(笑)、いきなりユーザーにとって非常に嬉しいニュースがありました。

2019年7月8日から、マネックス証券の米国株最低手数料が5米ドルから0.1米ドルに引下げるとのこと。手数料改定と並行して、配当金通知メールサービスや外貨入金サービスも始めるようです。配当金通知メールは配当金が入金された当日に登録メールアドレス宛に自動通知が来ます。外貨入金サービスは銀行にある米ドル預金をマネックス証券の口座へ直接入金が可能になります。※最低入金額50,000米ドル以上。

マネックス証券は主要ネット証券で唯一逆指値注文ができます。時差の関係で自分が寝ている時間に株価が急落するような状況が起きても、逆指値で保険を掛けられる点も初心者には安心です。

もともとマネックス証券の米国普通株・ADR・ETFは3,400銘柄と圧倒的なボリュームでありSBI証券(2,161銘柄)、楽天証券(2,077銘柄)に大きく差をつけています。これに価格競争力が加わるので、今後米国株=マネックス証券の図式が強まりそうです。
また、主要ネット証券唯一の米国株取引専用アプリもあり投資のサポート体制も万全です。

魅力的な米国株と手厚いサポートがあるマネックス証券。
皆様も米国株を始めてみてはいかがでしょうか?

マネックス証券

2018年7月10日追記:最低手数料0.1米ドル→無料に変更!

先陣を切って手数料を下げたマネックス証券でしたが、他社も追随して手数料を下げました。結果として、マネックス証券は2019年7月22日から最低手数料を0.1米ドル→無料まで引き下げることにしたようです。

ただし楽天証券・SBI証券も最低手数料を無料まで下げた為、価格優位性はありません。代わりにマネックス証券は下記キャンペーンで差別化を図ったようです。

■手数料キャッシュバックキャンペーン
初回入金日から20日間の米国株取引手数料(税抜)を最大3万円(キャッシュバック時のレートで円換算)キャッシュバック

■ゼロETF(米国ETF売買手数料実質無料プログラム)
対象ETFの米国株取引にかかる取引手数料(税抜)を全額キャッシュバック

これらは楽天証券・SBI証券では実施されていないので米国株投資を検討している方はこの辺りも考慮にいれてみると良いのではないかと思います。

目的別証券口座特集

  • 最新版!おすすめ証券会社
  • ネット証券ランキング
  • FX会社ランキング
  • 初心者におすすめ
  • fx初心者におすすめ
  • NISAに対応
  • 投資信託の種類が豊富
  • 優良 ロボアドバイザー5選
  • 暗号資産取引所
ポイント投資特集
手数料で選ぶ
ネオモバ特集
IPOは勝率90% おすすめの理由とは
IPOに 強い証券会社
プライバシーロゴ
株式会社Unionは、お客様の個人情報保護のため、プライバシーマークを取得しております。
個人情報を適正に取り扱うことができる企業のみに認定される制度です。